日常口にする食材からエイジングケアをする、というと、難しい、続けられないと感じる方も多いかもしれませんが、身近にある食品でもエイジングケアに効果のあるものはたくさんあります。例えば、よくサプリメントでも使われ知られている、セサミンという成分がある胡麻ですが、この細かな粒の中には血中のコレステロールを減らしてくれるリノール酸などの不飽和脂肪酸、カルシウム、ビタミンEなどの美肌に嬉しい成分が凝縮されています。不溶性の食物繊維も多く、便秘解消にも役立ちますし、女性に嬉しい鉄分も含まれています。ただ、食べる際にそのままでは胡麻の皮は固く、生で食べると消化されにくいので、すりゴマ、練りゴマなどを使うことをおすすめします。
もう一つは、おそらく意識せずに毎日摂取している方も多い、コーヒーです。抗酸化作用の高いポリフェノールを含んでおり、体内の活性酸素を消してくれるということが分かっています。もちろん、一日に何杯も飲み過ぎてしまっては、カフェインの摂り過ぎや胃に負担をかけるなどの心配がありますので、毎日1〜2杯を継続して飲んでみてください。
まずは、こういった手元にある身近な食品から始めることで、無理をせずエイジングケアを楽しんでください。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。