スキンケアの基本といえば、あなたは何を連想するでしょうか。洗顔でしょうか、それともマッサージでしょうか。もちろん人によって答えは様々でしょうが、基本中の基本中はやはり保湿でしょう。
保湿のためには、当然ですが、ローション、化粧水が欠かせません。最近は、このローションを顏型のシートにしみこませたり、あるいはコットにしみこませて顔の上でしばらく放置しておくローションパックもポピュラーで、お手入れに組み込む人が増えているようです。でもこの方法にもこつがあります。もちろんエイジングケアにもこの方法は有効です。年齢を重ねるにしたがって硬く、弾力に乏しくなっていくお肌を柔らかくする上でも効果的です。この場合はたっぷり、叩き込むようにローションをつけたあとで、このパックをするといいでしょう。
ただし、何点か注意したいことがあります。それは、カラカラに乾燥するまで載せておかないということです。乾燥するまでシートやコットンを載せておくと、当然ながらその下の肌も乾燥してしまいます。必ずまだ湿っている時にはがすようにしてください。そして、ローションだけでは補えない油分を補うためにも、あとはクリームなり乳液なりで、水分を与えた肌に「ふた」をしてあげるようにしてください。十分に保湿された肌に、マッサージするようにつけるとよりパックの効果が上がります。
パックには、単に水分や栄養分を与えるのみならず、心身をリラックスさせる効果もあります。その意味でも、一日数分間でものんびりでき、しかもお肌にもプラスになるのでしたら、大いに効果があるお手入れ方法といえるでしょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。