人間は酸素を取り入れて呼吸を行っています。この時取り入れられた酸素は、体内で栄養素と結びついてエネルギーに変わります。酸素それ自体は人間の生活に欠かすことができないものですが、あいにくすべての酸素がエネルギーになるとは限りません。余分に取り入れられた酸素は、活性酸素というものに変化して細胞と結びつき、ちょうど金属が参加してサビになるような感じで、体内にサビを作ってしまうのです。しかも、一旦酸化が始まると、連鎖反応的に進んで行き、その結果、糖尿病などの生活習慣病やシミ、しわなどの老化を引き起こしやすくなります。 酸化の原因となるものは、紫外線、喫煙、飲酒やストレスなどが挙げられます。ですから、生活習慣病や、お肌の老化を極力避ける意味でも、喫煙やお酒はやめるかほどほどにし、ストレスをため込まず、出かける時は日焼け止めを利用するなどの生活を心がけてください。また、酸化の原因を絶つもの、つまり抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、亜鉛を含んだ食品をやサプリを摂るのもお勧めです。ですから、ビタミンCを含んだ野菜や柑橘類、Eの豊富なナッツやアボカド、亜鉛の多い牡蠣やレバーなどを積極的に摂り、体の中からも酸化対策をして行くようにしましょう。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。