赤ちゃんの時にはみずみずしくて、シミやしわも全くなかった肌も、日々を過ごしているうちに紫外線や、乾燥した空気、ストレスなどを浴び続けるうえ、食生活がよくなかったり、睡眠不足などの生活習慣によって、どんどん老化してきます。 それでも20代前半ころまでは、肌の老化にはあまり気づきません。 しかし25歳くらいからは、くすんで見えたりシミができだしたりしてくるのです。 そして肌だけではなく体の方も老化していきます。 疲れやすくなったり、けがや病気の回復が遅れてきたりして老化を感じ始めます。 それも25歳を過ぎたころから感じ始めてきます。 だからできれば早いうちからアンチエイジングを気に留めていくことが必要になってきます。 何歳くらいから始めるかというと、やはり25歳くらいからでしょう。 老化の原因となるのは細胞の酸化です。 それが体や肌にも影響を及ぼします。 酸化を防ぐためにはポリフェノールなど抗酸化作用のある食事を摂取し、酸化を進めてしまうものは避けるようにします。 また細胞にあるヒアルロン酸やコラーゲンなどのうるおい成分がどんどん減少していくので、それらも外から摂取する必要があります。必要に応じてサプリメントを摂取するのもいいです。 また適度な運動をすることで血流をよくし、新陳代謝が活発な体を保つことも老化を防ぎます。 そし何歳になっても、いつも笑顔を欠かさないことは細胞をいつまでも若々しく保つ秘訣でもあります。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。